ケンティー伝授!茶道を始める最適な時期はあるのか?

こんにちは。健茶と書いてケンティーです。

さてあなたの中の茶道に対する不安要素もほとんど無くなったのではないでしょうか。

早速ですが、日本の季節って本当に素敵だと思いませんか?

四季折々に景色や食べ物など楽しみが沢山詰まっていますよね。

実は茶道も季節によって沢山のものが変化します。

そして、どうせ茶道を始めるのであればベストなタイミングで始めたいですよね?

または、今すぐに始めても問題はないかなと少し不安だったりしませんか?

そこで今回は、季節ごとの茶道について触れながら

今すぐ茶道を始めても問題はないか。

茶道を始めるのに最適な時期はあるのか。

についてお伝えできればと思います。

スポンサードリンク

1. 茶道には季節を楽しむ要素が沢山ある

茶道では、季節の野花を、「野に咲くように」入れるといいます。

自然に咲いている野花をお茶室にそのまま飾るので、

それだけで季節を楽しむことができます。

因みに、茶道では花を生けるではなく、入れるといいます。

その他にも、お軸やお香などもその時節にあったものを飾るので、

室礼だけでも季節を楽しむことができるのです。

また、お茶碗など使われるお道具も季節によって変わりますし、

お菓子に関しては目だけでなく舌でも季節を感じることができます。

この様に、茶道には季節を楽しむ要素が沢山あるのです。

と言いますか、そもそも、季節を楽しむのが茶道なのです。

2. 茶道の季節は大きく分けて2つに分かれる

茶道にはの季節と風炉の季節と2つの季節があります。

炉、風炉とはどちらも炭を入れて茶の湯を沸かし、温める所のことです。

それぞれ季節で分かれており、

炉の季節は11月〜4月で、風炉の季節は5月〜10月です。

また、炉の季節は主に寒い時期なのでお客様が暖かくなる様にお客様の近くへ据え、

風炉の季節は主に暑い時期なのでお客様が涼しくなる様にお客様から遠ざけて据えます。

また炉や風炉に合わせて使われる道具も異なります。

釜は炉用は大ぶりの炉釜(写真左)、風炉は小ぶりの風呂釜(写真右)を使います。

他にも香というものがあるのですが、香は炉には煉香風炉には香木を焚きます。

花も、炉は炉花風炉は風炉花を入れ、花入、柄杓、炭道具なども炉と風炉で変わります。

この様に大きく2つに別れており、この中に更に四季が入ってくるのです。

3. ケンティーが思う茶道を始める最適な時期は?

では、実際に茶道を始めて僕が個人的に思った最適な時期をお伝えしたいと思います。

完全に個人的な意見ですので参考程度にして頂ければと思います。

まず、最初に言わせて頂きたい事は

あなたがもし今すぐに始めたいのであれば、どんな季節であれいつ始めても何の問題もないということです。

何故ならば、茶道にはその時期によってそれぞれの楽しみ方があるのでいつでも楽しむことができます。

また、沢山学ぶことがあるので、学び始めるのが早いに越した事はないからです。

強いて言うのであれば、ケンティーが思う茶道を始める最適な時期はです。

春の中でも4月頃が良いのではないかと思います。

何故かと言いますと、炉と風炉では覚えることが異なります。

あなたが茶道について、どこまで学んでいきたいかにもよりますが

個人的には風炉の方が覚えることが多い様に感じています。

なので、できれば炉から学ぶことをオススメさせて頂きます。

しかし、春から通うのであれば風炉の時期じゃないの?と思うかもしれませんが

まず茶道はその前に基本的な事を沢山学びます。

その後で、炉や風炉についても学んでいくことになります。

つまり、4月から基本的な事を学び始めれば、

ちょうど風炉の時期から更に深く学んでいけるのではないかと思います。

しかし、先生やあなたが学ぶペースによって差はあると思うのであくまでも参考程度にして下さい。

もし、気になるのであれば見学の際に炉から学ぶためにはいつ頃から通えば良いのか先生に質問をしてみても良いかもしれません。

まとめ

いかがでしたか??

今回は、これから茶道教室を探し始めようと思っているあなたへ

・今すぐに茶道を始めても大丈夫なのか?
・茶道って始める最適な時期はあるのか?
という疑問について、茶道初心者代表としての

ケンティーの経験を元にお伝えさせて頂きました。

そして、ケンティーが茶道を始めた実体験から

・茶道を始める最適な時期はいつでも問題はない
・ケンティー的に茶道を始める最適な時期は4月
という事で、

4月から始めたい方は3月までにリサーチしてみて下さい。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする