小磯卓也(アンパンマン崇拝男児)のプロフィールや経歴は?「七夕協会」って何?

アンパンマン崇拝男児である小磯卓也さんが

10月9日(金)24:46から放送の日テレ番組

新・日本男児と中居』に出演されます。

アンパンマンを崇拝し総額500万円を費やす

最強優しさ男小磯卓也さん。

今回はそんな小磯卓也さんのプロフィールや経歴など

小磯卓也さんがどのような人物なのか、

また、小磯卓也さんが代表を務める、

七夕協会についても調べてみました。

皆さん、一緒に見ていきましょう!

スポンサードリンク

1. 小磯卓也さんのプロフィールは?

出典:https://takuyakoiso.com/

名前:小磯 卓也(こいそ たくや)

生年月日:1983年2月11日(37歳)

出身地:栃木県宇都宮市

座右の銘:人生は、よろこばせごっこ

将来の夢:やなせたかし先生、稲盛和夫先生のような

     哲学者・経営者になること。

職歴:2005年 株式会社ネットプライス 入社

     2008年 株式会社デファクトスタンダード 転籍

   2015年 株式会社Personal Marketing 創業 代表就任

   2016年 一般社団法人七夕協会 創業 代表理事就任

テレビ出演:『とくダネ!』『めざましテレビ』『あさイチ』

      『ZIP!』『スッキリ』『WBS』『ビビット』

      『モーニングショー』『ノンストップ』 

       など50番組以上

株式会社デファクトスタンダードといえば

ブランド買取専門サイト『ブランディア』の運営会社であり、

小磯卓也さんは『ブランディア』の創業メンバーだそうです。

『ブランディア』と聞いただけであのCMのフレーズが

頭の中に流れてきますね。

このCMにより知名度も高くなり、人気のサービスとなっています。

2. 小磯卓也さんの経歴は?

1983年に栃木県宇都宮市で生まれた小磯卓也さん。

大学卒業後の2005年に、総合通販サイトを運営する

(株)ネットプライスに入社しました。

自社、提携先のECサイト、合わせて50社以上の

マーケティングコンサルタント営業の経験を経て、

(株)デファクトスタンダードに転籍。

(株)デファクトスタンダードにて、中古ブランド品の

販売&買取サイト『ブランディア』の創業メンバーとして、

マーケティング全般に携わります。

約5年で80業種400社以上と業務提携し、その貢献によって

会社は年商44億まで成長しました。

その後、2014年4月に顧問に就任します。

1人1人が大切な人から順に、幸せにする文化を取り戻す

という使命のもと、2015年に(株)PersonalMarketingを設立しました。

六本木アカデミーヒルズ、マーケティングブレークスルー大学など

企業・学生・経営者に向けて、マーケティングの

情報や知識を提供し続けています。

その他にも、2016年、世界をより良くするという思いから

一般社団法人七夕協会」を設立しました。

3.小磯卓也さんが代表を務める「七夕協会」って何?

七夕」という言葉を聞くだけで、どんな協会なのか気になりますよね。

七夕協会」とは…

経営理念

みんなで世界をより良くする

〜全会員の物心両面の幸福を追求すると同時に、

全世界・生命の進歩発展を目指す〜

社是

皆夢守為

経営指標

七夕を世界最大の行事へ

〜全世界・全生命が最も楽しみな行事へ〜

行動指標

1)みんなで、夢を描き合う

2)みんなで、夢を知り合う

3)みんなで、夢を守り合う

行動内容

1.全国の七夕祭り・行事へ5つの支援
(企画・資金・物品・人材・集客支援)

2.七夕に関する各種イベント、チャリティーセミナー、
講演会の企画実施および支援

3.七夕の普及・発展のための情報提供サービス

4.七夕に関する会員コミュニティ・国際的な活動推進する事業

5.七夕に関する寄付サイトの企画・制作・運営

6.七夕で集めた「願いごと実現プロジェクト」企画実施および支援

引用:一般社団法人七夕協会|公式ホームページ

ホームページを拝見させていただいて、

今の世の中にはこういうことが必要なのかな

と感じさせられました。

興味がある方は是非覗いてみて下さい。

まとめ

いかがでしたか?

今回は

・小磯卓也さん

について調べてみた結果

・小磯卓也さんは『ブランディア』の創業メンバー

・小磯卓也さんは「七夕」を通して世界をより良くしている

ということが分かりました。

10月9日(金)24:46から放送の日テレ番組

新・日本男児と中居

の出演とともに、今後のご活躍がとても楽しみですね。

今回もお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする