三上紗也可(板飛び込み)の出身地や経歴は?コーチは誰?「5154B」とは?

こんにちは。健茶と書いてケンティーです。

水泳(飛び込み)で活躍する三上紗也可選手が

10月25日(日)11:15から放送のフジテレビ番組

ミライ☆モンスター』に出演されます。

19歳にして東京五輪日本代表に選ばれた三上紗也可選手。

今回はそんな三上紗也可選手のプロフィールから

三上紗也可選手がどのような人物なのか、

また、三上紗也可選手のコーチについてや

5154B」についても調べてみました。

皆さん、一緒に見ていきましょう!

スポンサードリンク

1. 三上紗也可選手のプロフィールは?

出典:東京オリンピック・パラリンピック ガイド

名前:三上 紗也可(みかみ さやか)

生年月日:2000年12月8日(19歳)

身長:155cm

体重:53kg

出身地:鳥取県米子市

学歴:米子市立後藤ヶ丘中学校

   鳥取県立米子南高等学校

所属:米子ダイビングクラブ

経歴:学校でもらったチラシがきっかけで小学2年生から飛び込みを始める。

   小学5年生で全国大会2位、ナショナルチームの合宿にも参加し、

   オリンピック出場が目標となった。その後、2度の腰椎分離症を経験し、

   2017年には飛び込み板に頭をぶつけ、一時的な記憶障害を負う。

   1ヶ月で競技に復帰し、2018年の日本選手権3m板飛び込みで初優勝を果たす。

   さらに、2018年のジャカルタアジア大会では、3m板飛び込みで4位となった。

   2019年春、高校卒業後は進学をせず、競技一本の生活を送る。

   2019年7月、初の世界選手権代表となった2019年光州世界選手権では

   3m板飛び込みで日本人選手としては過去最高の5位に入り

   2020年東京オリンピックの出場枠を獲得。

   初めてのオリンピック日本代表に決まった。

   2020年4月、練習環境など将来のことを考え

   日本体育大学体育学部体育学科に進学した。

飛び込みの競技概要についても調べてみました。

3メートルのジュラルミン製でできた飛板を使い、

反発力を利用して演技を行う「飛板飛込」と、

10メートル高さの台から飛び込む「高飛込」の2種類が行われる。

演技は、踏切の方向と宙返りの方向、演技に捻りを加えたもの、

逆立ちからスタートするものがある。

採点は、回転の型(伸型、蝦型(えびがた)、抱型)の3種類を

組み合わせた演技の美しさや入水時の水しぶきの少なさなどを見る。

これに加え、シンクロナイズドダイビングは、2人でどれだけ演技が

同調(シンクロ)しているかも採点される。

引用:https://tokyo2020.org/

2. 三上紗也可選手のコーチは誰?

三上紗也可選手のコーチは1994年の広島アジア大会

3位に入った安田千万樹(やすだ ちまき)コーチです。

出典:一般財団法人 鳥取県水泳連盟

名前:安田 千万樹(やすだ ちまき)

生年月日:1970年11月13日(49歳)

出身地:鳥取県

学歴:天理大学

所属:鳥取県地域振興部スポーツ課

1996年、安田千万樹コーチはアトランタ五輪の

国内代表選考会で男子3メートル板飛び込みを制したものの、

五輪の切符には手が届かなかったそうです。

当時の日本代表は男女合わせて計3枠でした。

日本水泳連盟が設けた派遣基準の突破率で男子高飛び込みの

寺内健(当時15歳)ら他種目の3選手に及ばず、

僅差の4番手で出場を逃しました。

翌年の国体を最後に引退し、故郷の鳥取県米子市に戻ると、

高校の体育教師の傍ら、自ら育った飛び込みクラブ「米子DC」で

指導を始めるようになったそうです。

そこで安田千万樹コーチと三上紗也可選手が出会いました。

3. 三上紗也可選手が取り組む「5154B」とは?

東京五輪で鍵を握るのは、

高校時代から練習したきた大技「5154B」です。

女子選手でこの技ができるのは世界で数人しかいません。

昨年の公式戦で初めて成功した技で、

2019年夏の世界選手権に初出場した際には、

「5154B」を使わずに日本勢最高の5位入賞を果たしました。

現在、「5154B」の必要性を改めて感じ、磨きをかけているそうです。

「5154B」の由来

飛び込みの技の名前は、踏み切る方向や宙返りの向き、

ひねりの有無、回転時の姿勢を数字とアルファベットで表している。

5154Bの場合、冒頭の5はひねり技、1は前方への飛び出しを意味し、

その後の数字は宙返りとひねりの回転となる。

Bは、腰で体を折り曲げる「えび型」の意味。

引用:https://2020.yahoo.co.jp/

まとめ

いかがでしたか?

今回は

・三上紗也可選手

について調べてみた結果

・三上紗也可選手は鳥取県米子市出身の東京五輪日本代表選手

・三上紗也可選手のコーチは同郷の安田千万樹コーチ

・三上紗也可選手はいま、「5154B」に磨きをかけている

ということが分かりました。

10月25日(日)11:15から放送のフジテレビ番組

ミライ☆モンスター

の出演とともに、今後のご活躍がとても楽しみですね。

今回もお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする