小原康奨(危険物博士ちゃん)の年齢や小学校は?国家資格「危険物取扱者甲種」とは?

「危険物取扱者 甲種」有資格者の小原康奨くんが

9月19日(土)18:56から放送のテレビ朝日番組

サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん』に出演されます。

国家資格である「危険物取扱者 甲種」は危険物取扱者の中で

最上級の資格であり、小学生ながらその資格を取得した小原康奨くん。

今回はそんな小原康奨くんの年齢や通っている小学校やなど、

小原康奨くんがどのような人物なのか、そして、

危険物取扱者とは一体何なのか調べてみました。

皆さん、一緒に見ていきましょう!

スポンサードリンク

1. 小原康奨くんのプロフィール

出典:https://www.ehime-np.co.jp/

名前:小原 康奨

(読み方は分かりませんでした。)

年齢:10歳(小学5年生)

小学校:四国中央市立妻鳥小学校

四国中央市といえばゆるキャラの「しこちゅ〜」が有名ですね。

しこちゅ〜は一見可愛らしネズミのキャラクターなのですが

肩からティッシュを掛けており、名前からも色々と妄想してしまう人もいるため

様々な意見が飛び交っている話題のゆるキャラです。

気になった方は是非調べてみてください。

2. 小原康奨くんの取得している危険物取扱者甲種とは?

まず、危険物取扱者とはガソリンスタンド石油貯蔵タンクなど、

一定数量を超える発火性のある物質を扱う施設

必ず置かなければならない有資格者のことです。

そして、この資格には甲種乙種丙種の三種類存在し、最上級が甲種なのです。

乙種、丙種は誰でも受験できるのに対して、甲種は

大学などで科学に関する学科などを修了・卒業済み、

もしくは、科学に関する科目を15単位以上取得済み、

または、危険物取扱者 乙種を取得していて実務経験2年以上、

または、危険物取扱者 乙種の中で4種以上取得していること、

または、修士、博士号を受けていて、尚且つ、科学を専攻していること

が受験の条件です。

小原康奨くんが小学生にして危険物取扱者の最上級を取得できたのは、

それ以前に「危険物取扱者 乙種の中で4種以上取得」していたから、のようです。

ちなみに、危険物取扱者 甲種の合格率は例年40%を下回っており、

難関資格と言われています。そんな資格を小学生のうちに取得してしまうなんて、

野山を駆け回っていた僕の子ども時代と比べると、

もはや異世界の人間としか思えません

3. 小原康奨くんの取得している資格は役に立つ?

危険物には6種類あり、第1類は酸化性個体、第2類は可燃性個体、

第3類は自然発火性物質及び禁水性物質、第4類は引火性液体、

第5類は自己反応性物質、第6類は酸化性液体です。

これらすべての危険物を取扱うことができるのが危険物取扱者 甲種です。

また、実務経験が6ヶ月以上あると、危険物保安監督者になれたり、

危険物保安監督者になれば甲種防火管理者の有資格者として認めてもらえたりと、

持っていることで様々な現場で役立つ資格のようです。

そんな資格を既に持っている小原康奨くんの未来は明るいですね。

まとめ

いかがでしたか?

今回は

・小原康奨くん

について調べてみた結果

・小原康奨くんは愛媛県に住む大人顔負けの天才小学生

「危険物取扱者 甲種」は危険物取扱者の最上級資格

ということが分かりました。

9/19(土)18:56から放送のテレビ朝日番組

サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん

の出演と共に、今後のご活躍がとても楽しみですね。

今回もお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする