中国茶インストラクターが教える〜初めての中国茶〜

中国茶と聞いた時、あなたは何茶が思い浮かびますか?

思い浮かべるのは、定番の烏龍茶、ジャスミン茶…

あとは、プーアル茶くらいでしょうか?

烏龍茶やジャスミン茶はコンビニでもよく見かけますよね。

プーアル茶は、ブレンド茶によく使われています。

中華料理を食べに行った際にはせっかくだから

中国茶を…と思うのですが種類がよくわからない為、

烏龍茶を選びがちという方もいるでしょう。

そんなあなたに、

今日は、基本的な中国茶の種類

オススメの中国茶をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

1.中国茶の種類ってどんな物があるの?

前述したように、烏龍茶やジャスミン茶を

思い浮かべる方も多いと思いますが、

中国茶は他にもたくさんの種類が存在します。

中国茶には茶葉の発酵度の違いや作り方によって、

「緑茶」「青茶」「黒茶」「紅茶」「黄茶」「白茶」「花茶」「工芸茶」

などの種類が存在します。

発酵とは、茶葉に含まれるタンニンを酸化させることを指し、
茶葉を揉むことによって、茶葉を自然に含まれる酸化酵素を
活発にさせて行います。
発酵が進むに従い、葉緑素が破壊され色は緑色から褐色に変化し、
また香り成分が著しく増加し、さらに切れ味のよい渋味とこくが
形成されます。

引用:https://www.siz-sba.or.jp/

緑茶は、中国茶の場合は日本茶と違い、

「炒って」作られています。日本の茶葉はふっくらしているが、

中国の茶葉は窯で炒って作るため、パラパラしている。

青茶(セイチャ)は主に烏龍茶の仲間を示す。

発酵度が高く、しっかりとした味が特徴。

黒茶の代表格はプーアール茶。

発酵度がとても高いので独特の香りをもつ茶葉が多い。

茶葉の色も濃く、味も濃い物が多い。

紅茶はイギリスから影響を受けて中国で作られたお茶。

中国では砂糖やミルクを入れずに、ストレートで楽しむことが多い。

と、種類を全部説明するとキリがないので、

初心者でも飲みやすいお茶を次で紹介していきたいと思います。

2.日本茶にはない中国茶の楽しみ方

日本のお茶に様々な楽しみ方があるように、

中国茶にも茶葉によっていろいろな楽しみ方があります。

味、香り、いれた茶の色(水色)の3つの要素のうち、

中国茶の優先順位は…

1.香り、2.水色、3.味です。

つまり、

中国茶は「香り」を一番大切にして作られているのです。

中国茶は、急須に茶葉をいれてお湯を注ぐ、

という簡単なものではなく、お茶を楽しむために

急須以外にも茶杯(お茶を飲む湯呑み)、

聞香杯(香りを嗅ぐだけのための小さな器)など

たくさんの茶器を使います。

中国茶の香りを存分に味わいたければ、

中国茶のお茶屋さんにいくことをオススメします。

お湯で温められた茶器から注がれたお茶は、茶葉が開ききるので香りが抜群です!

茶葉の種類によって抽出するお湯の温度が決められています。

すべてのお茶にとって沸騰しているお湯が良いとは限らないのです。

そのため、家で中国茶を楽しむときも、お湯の温度を使い分けてみてはいかがでしょうか。

発酵度の低い緑茶は、低めの80度前後、烏龍茶やプーアール茶など

発酵度の高いお茶は90度前後が適温です。

お湯の温度を適温にすることで茶葉の開き具合が良くなるため、

その茶葉の持つ香りを余すことなく楽しむことができます。

3.飲みやすいオススメの中国茶

結局、

中華料理には烏龍茶が一番合うんじゃないの?

と思っている方。

烏龍茶以外にもオススメのお茶があるので

いくつか紹介したいと思います。

・龍井茶(ロンジン茶)
中国で一番生産されている緑茶です。
日本の緑茶とは違った爽やかな香りとスッキリとした味が特徴。
食前、食中にオススメです。日本の緑茶との違いを是非。

・凍頂烏龍茶(トウチョウウーロン茶)
台湾で作られる、緑色の烏龍茶。
大きな茶葉から出る甘めの香りと癖の無い味が特徴。
食中にオススメ。どんな場面でも飲める万能茶。

・茉莉花茶(ジャスミン茶)
緑茶にジャスミンの花の香りを移して作られた花茶。
ジャスミンの花は香りをうつして役割を終えるため、
良い茶葉はジャスミンの花が入ってないと言われる。
香りが強く、飲み口がスッキリしているので、食中から食後がオススメ。

・キーモン紅茶
中国の紅茶。茶葉がとても細かいのが特徴。
種類によっては花や果物の香りが付けられているものもある。
ストレートで、脂っこい料理やデザートと楽しむのがオススメ。

まとめ

今回は初心者向けの中国茶についてご紹介しました。

中国茶を楽しむポイントとしては

・茶器を温めたり、お湯の温度を変えたりして中国茶の香りを引き出す

・香りが強くないものは食前や食中に、香りの強いものは食後に

中華料理を食べに行った時など、参考にしつつ、

是非、中国茶のお茶屋さんにも足を運び

色々な中国茶を楽しんでみてください。

今回も読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする